ヘルスで本番し数百万取られた哀れな男Nさん~第一章~

復縁工作の難易度調査

関東在住のNさんから依頼をお願いしたいと相談がきました。

3年間通ったヘルス店の店長と、指名していた女の子の二人に嵌められて、現金数百万円を取られてしまったとの事。

数百万円ものお金を取られた直後、ヘルス店は閉店してしまい、指名していた女の本名も所在もわからず、Nさんが持っていた僅かな情報は、指名していた女の携帯番号のみ。

Nさんの要望

・女の本名・住所を判明させてもらいたい
・彼女に工作で接触してもらって本音を聞き出したい
・嵌めたとしたらこれも工作にて懲らしめたい。
・出来ればもう一度、昔の関係に戻れればいい
(※お金を取り戻したい気持ちはあるが無理だと承知しているので、お金に関しては弁護士に依頼中)

これが、Nさんの要望で、依頼するきっかけになったものです。

女の所在が全く不明な為、住所を判明させ、接触して欲しいという事でした。

所在を判明させるのに時間を要する事になるかもしれませんが、復縁工作や、別れ工作を行う際のプロセスとなんら変わりはありませんから、問題はありません。

ヒヤリングを行っていて、驚いた事に実はNさん、弊社に依頼する数ヶ月前に『便利屋』『復讐屋』の2社に依頼をしたとの事でした。

「契約をし、お金を払った翌日から2社とも連絡が取れなくなった」

とぼやいておりましたが、なんと!!契約書すら交わしていないというじゃありませんか!!

Nさん曰く、「安かったし、お金を取り戻してくれるからと言われたんで…」と

『便利屋』『復讐屋』を名乗る2社は明らかに詐欺会社で、『安いから契約した』『契約書を交わしていない』となると、契約でも何でもない口約束なわけで・・・

ここに疑問を一切抱かないNさん自身にも問題があるんじゃないかと思わざる負えません。

同じく、ヘルス店に数百万もお金を取られた事実は不憫で同情に値するとは感じるのですが、厳しい言い方をすると、『自業自得』とも言えます。

お店には禁止事項に必ず記載があるように、本〇行為禁止で『その行為が判明した場合は違約金数百万』と記載されている事も基本なのですから。

NさんとJの馴れ初め

3年間通ったヘルスとの出会いは、ヘルス店の前で客引きしているスタッフから声を掛けられ、何度か断ったが、客引きの強引さに負けたのか?それとも自身の性的欲求を満たしたい願望に負けてしまったのか?そのヘルスへ入店してしまった事から始まりました。

ヘルス店で出会った女は J 

Nさんが指名した『J』は、背が小さいハーフ顔のスレンダーな20代半ばの女の子です。

本来ヘルスでは出来ないはずの本〇行為をこの『J』が自分から誘ってきたといいます。

しかも避妊具もしなくていいと。

基本、ヘルス店では本〇行為は禁止である事は皆さん承知しているはずです。

Nさん自身も、ヘルスでの本〇行為はご法度という事は認識していたという事。

但し、風俗に詳しい人ならご存知かと思いますが、店舗型のヘルスではなく、デリヘルが主流の現在ってラブホテルでのプレイとなるため、お店の監視が届かないという利点もあり、女の子にもよりますが、殆どの女の子と本〇行為が可能だといいます。

客とすれば、本〇行為がダメなお店なのにそれが可能とならば迷いなくしてしまうでしょう。

Nさんもその誘いに乗って本〇行為に及ぶのですが、禁止されている場所で、自分のタイプの若い女の子と性行為ができるのですから極楽気分を味わったはずです。

冒頭に触れたように、3年間このヘルス店に通っていたわけですから、Nさんがここでお金を請求されたわけではないんですが、ここからNさんとJとの幸せな3年の関係が続きます。

3年間、毎月3回程度、一回で4~5時間、この女の子と夢の時間を堪能、満喫したわけです。

Nさんも、お金を対価としてはいるのですが、自分の中では夢の時間だったはずです。

NさんとJの別れ

ついにこの時が来ました。

いつもの様に、プレイを終えて一息つこうとすると、店長が突然部屋に入ってきて、「本〇しただろう!女の子泣いているじゃないか!」と一喝され、横を見ると『J』が泣いているではありませんか!?

Nさんとしては『青天の霹靂』のなにものでもありません。

3年間通い続けたお店ですよ?毎回指名し本〇行為を繰り返していたはずですよ?何故?…となりますよね。

店長と名乗る男から「警察行くか、違約金を払うかどっちがいいか選択しろ」と脅され、泣く泣く違約金を払う事に承知し、家までついてこられ、数百万を払った。

これが、お金を搾取されるまでの経緯です。

Nさんはいつもと同じ様に、『J』とのひと時を楽しんでいただけなんですが、お金をとられ、その後お店も閉店し『J』とはこの日以来連絡も途絶える事に…。

Nさんは、店長と『J』に嵌められたのか・・・と喪失感・脱力感しかない様子です。

これが、弊社に依頼をするキッカケになったわけですが、Nさんとしても、店長から唆されて仕方なくだったのか?それとも『J』も店長とグルだったのか?

兎に角、真実を知りたい!!というのがNさんの本音のようです。

 

第2章に続きます→ヘルスで本番し数百万取られた哀れな男Nさん~第二章~

 

衝撃の最終章はこちら!

ヘルスで本番し数百万取られた哀れな男Nさん~最終章~

振られた彼女の家を監視する男
振られた恋人の家に行って、様子を伺う行為はストーカーそのものです。 しかし、ストーカー行為をしている人はその自覚が全くありませんから、自分自身の行動を客観的にみることができません。 これはストーカー行為ですよという典型的なお話です。