リベンジポルノをネタに脅迫する男

別れさせ屋・別れさせ工作なら(株)ジースタイル別れさせ屋

別れさせ屋ジースタイルに、『リベンジポルノ』の被害者の女性からご相談を承る事が稀にあります。
別れさせ屋・別れさせ工作なら(株)ジースタイル

「付き合っている時に撮影した私の裸や性行為の写真や動画をネタに、もう一度関係をと脅迫されています。こんな内容なので、友人や身内にも誰にも相談できなくて本当にどうやれば解決できるのか?対処方法がみつからず悩んでいます。ジースタイルさんに是が非でも協力して頂きたくご相談させて頂きました。助けて下さい!!」

以前付き合っていた男から関係を強要されている、『リベンジポルノ』の被害者の方からの切実なお悩みです。

実際に、動画や画像が拡散しなかったとしても、性的な写真・動画等を公開すると言って、相手を脅し金銭を要求する、相手に対して強要する行為をさせるといった事例はたくさんあります。

自分の裸の写真や性的動画が世間に晒されてしまう、因みに、インターネット上に裸の写真や性的動画がアップされてしまうと、一気に拡散されてしまうわけですから、出回ってしまったデータを削除する事ができなくなるわけです。

つまり、被害者として、一生苦しんでしまう結果となるわけですよね。

いくら付き合っている相手であっても第三者です。

第三者に、猥褻な画像や動画を提供、あるいは、撮影させたりする行為が、どれだけ危険な行為であるかが理解できると思います。

しかし、もう一度この女性と関係を持ちたい(復縁ではなくセフレ)からと言って、裸の写真や動画を脅迫のネタにする男がいるとは、悪質な行為で、許す事は出来ません

弊社では、このリベンジポルノの案件に関して許す事は出来ませんので、依頼者としっかりとヒヤリングを行い、依頼をお請けする形となりました。

このリベンジポルノ男との関係を終らせる為の別れさせの工作方法は、企業秘密として省略させて頂きますが、無事に、リベンジポルノ男との別れさせ工作を成功させる事が出来ました。

彼女の猥褻な画像・動画が、インターネットに拡散される前に、相談してきたタイミングが早い段階でしたので、ここで別れさせ屋として介入できた事が、別れさせの成功に導くことができた結果なのではないでしょうか。

一人の女性を救えた事は、別れさせ屋ジースタイルとして、全力でのサポートが出来たのではと考えます。

リベンジポルノもここ最近の話ではなくかなり以前からあったのでしょうが、表に出ていないだけで、実際には『リベンジポルノ』の被害が増えていると言われています。

リベンジポルノの被害者は、裸や性的な画像等をネット上に公開されたわけですから、仮に、被害を申し出るにも相当の勇気や覚悟が必要になる事、あるいは、リベンジポルノについて相談できる相手がいない・・・。といった人も多くいるわけで、それを踏まえると、表に出るのは氷山の一角で、実際の被害はもの凄く多いのではないでしょうか。

自分の性的な画像や動画がネットでアップされたからと言って、家族や知人にも、相談出来ないのも理解できます。

理由の一つとしては、やはり、スマホの普及で『セクスティング』つまり、性的なメッセージや画像、動画等を携帯電話間でやり取りする行為のなどが原因です。

リベンジポルノに対しては、リベンジポルノを罰するための法律があります。

私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律

別れさせ屋・別れさせ工作なら(株)ジースタイル

平成二十六年法律第百二十六号
私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律

第一条 この法律は、私事性的画像記録の提供等により私生活の平穏を侵害する行為を処罰するとともに、私事性的画像記録に係る情報の流通によって名誉又は私生活の平穏の侵害があった場合における特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(平成十三年法律第百三十七号)の特例及び当該提供等による被害者に対する支援体制の整備等について定めることにより、個人の名誉及び私生活の平穏の侵害による被害の発生又はその拡大を防止することを目的とする。

引用元:私事性的画像記録の提供等による被害の防止に関する法律

無断で他人の性的な画像や動画を公開することは【リベンジポルノ防止法違反で犯罪】と判断されるようになりました。

リベンジポルノの被害に遭わない様にする為には、例え恋人であっても、『撮らない・撮らせない』という事が重要で、リベンジポルノの被害にあう前に別れさせ屋ジースタイルにご相談くだされば、対処は可能です。

万が一、リベンジポルノの被害にあった場合には、犯罪ですので、警察及び弁護士等の専門機関へ相談する事をお勧めします。

コメント