他社で別れさせ工作の依頼中で『強力な別れさせ工作はないのか?』と無茶なご相談

別れさせ屋・別れさせ工作なら(株)ジースタイル別れさせ屋

弊社の、復縁・別れさせのご相談には、既に他の会社に依頼をしている方からのご相談がよくあります。

別れさせ屋に依頼されたのであれば、依頼した別れさせ屋とはしっかりヒヤリングして、信頼をして依頼をなされたと思うので、信頼された別れさせ屋と一緒に頑張っていけばいいと思うのですが、実際には依頼後、依頼した時と全く現状が変わらない、時間だけが経過していく、といった風に、依頼をした会社に対し不信感を抱いてしまう様な出来事があったりと、中々、自分の思い描いた様にいかない事が多いようなんです。

確かに、別れさせ屋に依頼したからと言っても、必ず、『別れさせ工作が100%成功する』という訳ではない事は、依頼者の方も理解はされているとは思いますが、少しでも別れさせ工作によって今のどうにもならない現状を打破したいと考えるのも依頼者の方なんです。

他社で別れさせ依頼中の女性からの相談

別れさせ屋・別れさせ工作なら(株)ジースタイル

実は他社で既に別れさせ工作依頼中です。しかも二件目です。

別れさせたい相手は、私の不倫相手の夫婦です。

現在依頼している別れさせ屋は、悪い会社だとは思わないのですが、彼の奥さんが家から出ない人で、家は一軒家でいりくんだところにあり、調査・工作には不向きな場所らしく、接触を2回行ってもらいましたが、奥さんの警戒心が高い様で中々うまくいかず難航しています。

さらに悪い事は続いていて、無理な尾行によって、奥さんに尾行がバレてしまい、不審者がいると奥さんは騒いでいる様なのです。

彼からその事を耳にしました。勿論、私が別れさせ屋を雇っている事は彼は知りません。

結局、別れさせ屋は、彼に別れさせの工作するために接触するので、私に協力してもらいたいという事に至りました。

しかし、コロナが日本に蔓延していてなかなか外出が難しく、7月から依頼してる別れさせ工作が全く進まない為、私がついイライラしてしまい感情的に彼に接してしまい、私と彼の関係自体が危うくなってきています。

正直、もっと強力な別れさせ工作はないのか?と思ってます。

私の希望は、短期決着で、他の方法提案していただくことは可能でしょうか?教えてください。よろしくお願いいたします。

(※プライバシーに配慮し、一部内容を改変させて頂いてます)

7月に依頼したとすれば、約8ヶ月経過している事になります。

今依頼している別れさせ屋の肩を持つつもりはありませんが、案件によっては、時間を要する事はザラにあります。別れさせ工作は平均して、2~3ヶ月という期間を設けてプログラムを進めていくのですが、対象者は人間ですし、環境や状況等によっては、契約期間内に別れさせ工作が完結できるというものでもないのです。

調査・工作がうまくいっていないポイント

・対象者が家から出ない人
・無理な尾行が相手にバレた
・奥さんの警戒心が高い
とあります。

確かに、弊社の依頼でも、家からあまり出ないという方はいらっしゃいます。外出しなければ尾行も出来ませんし、接触する事も出来ません。

しかし、結婚し子供もいる家庭を持っている人なのですから、外出しないというわけではないと思うのです。ただ、外出する機会が少ないというだけで、では外出するであろう時間をしっかり調査しなければなりませんし、その時間をピンポイントで狙っていけば、尾行でき、接触もそんな難しい事ではないのでは?と考えます。

無理な尾行がばれた?

無理な尾行がばれた。とありますが、これについては、尾行している調査員のミスでしかありません。

ですので、『奥さんの警戒心が高い』から尾行が難しい、接触が難しいという前提ではなく尾行がばれたうえ、接触を2回行った事で、奥さんの警戒心を植えつけてしまったというのが正解かと思います。

別れさせ屋の調査員はど素人ではなくプロなのですから、尾行をばれずに遂行する事は当然で、尾行がばれた事によって、対象者に警戒されてしまったというのが実情ではないのでしょうか。

別れさせ工作が思うように進んでいない為に、相談者がイライラし、彼との関係が悪くなるようでは、別れさせ工作を遂行する前に別れてしまうという結果になりかねません。

相談者は、短期決着を望んでいるという事でしたが、既に8ヶ月も要しているわけですから短期決着の域は超えています。

段階を踏んでの別れさせ工作の提案

強力な別れさせ工作はないのか?』と文面にも焦りが感じられますが、協力な別れさせ工作って何ですか?と逆にお聞きしたいくらいです。

きちんとお会いしてヒヤリングをしたうえで、もっと詳細をお伺いし、提案できる事はあれば提案させて頂く事は可能ですが、他社で別れさせの依頼をしておいて、依頼している別れさせ屋では中々前進しない事に痺れをきらし、弊社にいい案がないかのアドバイスや提案をメールで求められても、弊社では出来かねます。

浮気や不倫関係の最終的な結末は『復讐』
復讐したいが為に別れさせたいという方がいらっしゃいます。 相手の幸せだけは阻止してやりたい、相手を後悔させたいという願望が芽生えるのです。 このケースの殆どが、不倫や浮気関係が破綻した場合が多いようです。

コメント