別れの理由がコロナだからというおめでたい相談者

復縁工作のご相談は(株)ジースタイル復縁相談

出会い工作・お付き合い工作の事なら別れさせ屋・復縁屋ジースタイル

よく、喧嘩が原因で相手と別れたとご相談する方が非常に多いんですけど、喧嘩が原因ではなく、喧嘩になる理由があって、喧嘩に発展するわけで、喧嘩が原因で別れるのではないんです。

「2ヶ月付き合っていた彼女にもう無理と言われ別れる事になりました。コロナ期間で喧嘩をする事が増えていて自分に余裕がなかった事、喧嘩の際に、元カノの名前を2回出してしまった事が原因だと思います。」

との復縁相談があったのですが、別れの理由として

『コロナ』

『元カノの名前を出してしまった』

と別れの理由を述べていますが、別れの理由がコロナ、元カノの名前を出してしまった事?

長期間自宅待機や自粛生活を強いられていれば、確かに「イライラ」や「ストレス」をいつも以上に感じやすくなってストレスが蓄積するのはわからないでもありませんが、それが何故、自分の余裕がなくなるという事に繋がるのか?が理解出来ません。

あげくの果てに、元カノの名前を2回出してしまった、つまり、喧嘩になる理由があって、喧嘩の最中に元カノと彼女の比較をするような言動をしてしまったものだと考えますが、元カノと比較されたそりゃぁ、彼女としてはふざけるな!』という気持ちになるのは当たり前ですよね?

そもそも、付き合った期間は2ヶ月ですよ!2ヶ月で彼女に見限られたとすれば、相談者に何の魅力も感じなくなったと言ってもいいんではないでしょうか。

このような思考の持ち主は、相手に自分の視点を押し付け、相手が間違っており、相手の考えは不公平で欠落しているところがあると示そうとし、自分を守り攻撃を仕掛けようとする人です。

何故喧嘩に至ったのか?

根本である喧嘩に至った理由は何だったのか?

を相談者は自覚しているんでしょうか?

コロナで喧嘩をする事が増えた?ではなく、元カノの名前を出してしまった事が別れの原因でもなく、喧嘩に発展した理由があるわけで、喧嘩の理由がわかってない、相手の事を理解してない以上、関係修復は考えられません。

肝心な別れに至った部分を考えようともせずに、相談者が弊社の相談員に畳み掛けるように質問してきます。

「ラインの頻度が極端に少なくなったのですが、相手の心理を教えて下さい」

「冷却期間のタイミングはいつまでです?」

「彼女は戻る気はないと言われてますが、信用を取り戻す方法は?」

「ご飯に誘うタイミングは?」

上述した質問を投げかけてくる発言自体が、相談者の人間性、魅力のなさ、身勝手さを伺わせますし、彼女から嫌われる原因のように思えます。

彼女が見切りをつけたのも頷けます。

ご飯に誘うタイミングは?の問いには、おめでたい人だなぁと、呆れるばかりです。

まぁ、彼女でなくとも、我々にさえ無意識に嫌われるような言動をするわけですから、復縁出来るはずがありません。

最後に、相談者が懇願した言動が、「無料の範囲でいいので復縁する為の方法を教えてもらえませんか?」でした。

この相談者は、自力では復縁出来ない典型的なタイプの人です。