回数制や時間制の別れさせ屋に依頼したが、不安と不信感しかない

別れさせ屋・別れさせ工作なら(株)ジースタイル別れさせ屋

別れさせ屋・別れさせ工作なら(株)ジースタイル

別れさせ屋を探している方、別れさせ屋に別れさせ工作を依頼したいと考えている方、どのような方法を提案されるのだろう?どのような契約内容になるんだろう?

依頼する際の費用についても同様に頭を悩ませる部分ですが、依頼をするにあたって契約内容は一番気になる部分ではないかと思います。

別れさせ屋の工作員が、別れさせのプロだとしても、対象者の情報を得る事、あるいは、情報を得たあとの工作・接触によって何回くらいで別れさせられる事が出来るのか?といった凡の予測を立てる事は可能なのでしょうが、想定どおりにいかないのが、調査・別れさせ工作でもあります。

先般、『回数制・時間制の別れさせ屋に依頼をして現在稼働中』という別れさせ希望の相談者左藤さん(仮名)からのご連絡を頂いた事がございました。

現在、別れさせ屋に依頼をし費用を払っているのですから、依頼している別れさせ屋で、別れさせ工作を成功させればいいのでは?何故他の別れさせ屋に相談する必要があるのかが疑問でしたが、相談者の話を聞いていると、依頼中である別れさせ屋に対しての不信感から憤慨し、他の別れさせ屋に依頼を変更しようと検討中だという事が判明したわけです。

依頼内容としては『元カノとの復縁希望で、元カノの現彼氏との別れさせ工作の依頼』との事でした。

元カノとは仕事関係で繋がっているので、元カノから、彼氏の存在を知ったといいます。

しかし、別れさせたい相手の男性の情報は、『同僚』という事だけで、彼氏の情報は全くないに等しく、まずは、別れさせたい相手である現彼氏の事を知るために調査をしなくてはなりません。

左藤さんも、現彼氏の事を根掘り葉掘り聞くわけにもいかないですし、復縁したい相手女性と現彼氏が、いつ?何処で?会っているのかもわからない、このように現彼氏の情報は全くわからない状況だといいます。

であれば、まずは、現彼氏の情報を得る事から始めなければなりませんが、依頼した別れさせ屋の契約内容は、『回数制・2週間毎の連絡』となっているとの事で、対象者の男性の情報を得たとしても、2週間毎の連絡、仮に対象者の情報が何も得れなかったとしても2週間毎の報告ではこの場合『無駄な回数契約の1回』になるので、回数での契約ですと「回数を消費する事」が重要視されてしまい、本気で別れさせ工作の成功を目的としているのか?不安で仕方がないと吐露します。

都度連絡が欲しいとの要望しているようですが、そこに関しては明確な返答ない状態だという事で、依頼した会社に対する不安・不信しかない・・・と口にします。

対象者の情報も何も得る事が出来ないのに、工作員の接触すら出来ないのが現状ですから、対象者の情報がなければ、別れさせ工作にさえ進む事も出来ないという事になります。

相談者の依頼内容は、『現彼氏との別れさせ工作』です。

調査で回数をこなしても、毎回空振り、Tさんが得られた情報は報告は2週間後に『前回は情報を得れませんでした』という担当者からの言葉だけになります。

対象者の情報が全く得る事が出来ずに回数だけ消費していく事だけに業を煮やした左藤さんは、他の別れさせ屋に切り替えるという判断に至ったようです。

最近は、『回数制』『時間制』の別れさせ屋が増えており、回数制の別れさせ屋に依頼した方から、Tさんの様な状況に陥って、『回数制』『時間制』でない別れさせ屋を探すという方が多くなっています。

確かに、左藤さんのお気持は理解できなくもありませんが、依頼自体はご自身が納得してされたわけですので、我々としても、他社の契約内容や工作方法に対して批判する事はありません。

しかし、冷静に考えてみて頂きたいのですが、人との行動で行う、調査・工作を事前に回数で区切りをつけて提案する事は困難なのでは?と判断できるものではないかなと思うのです。

別れさせ屋に別れさせ工作を検討している方がいらっしゃれば、『回数制』『時間制』の別れさせ屋に対して依頼をする前に、冷静になって、判断していただきたいと切に願います。

嫌われている事に何故気付かない?それでなぜ別れさせ工作を?②
嫌われているのに、相手からは好意を持たれていると思っている人がいます。 自分のとっている言動等が、相手に対し嫌悪感を与えている事や迷惑になっている事すら気付けないでいます。 それもそのはずです。好きだと勘違いしているんですから。

コメント