異常でストーカー化した復縁したい女の末路

復縁工作のご相談は(株)ジースタイル復縁屋

そんな些細な事でそうなるの!?

と思う事から大問題に発展し、挙句の果てに結婚前提に付き合っていた相手を失う結果になった人の相談内容で、因みに、全て自らが取った異常な言動により墓穴を掘って、自分自身の首を絞めている事に全く気付きもしないんですね・・・。

『人の振り見て我が振り直せ』といいますが、現在、同様の状況に陥っている方がいれば、この女性の何が問題だったのか?が経緯を読んで頂ければ簡単に理解できるはずで、参考にしていただければと思います。

相談者名
職業   看護師
年齢   30代
地域   東京

事の経緯をお話しますと、その日の夕飯の際、ご飯の味で彼に文句を言われた事から私が感情的になってしまい家を飛び出した事から始まりです。

深夜になって帰宅しましたが、家でのんびりしていて私を心配する様子が全くない彼に対し腹が立ってしまい、私から「元彼の所に相談に行っていた。別れたい!」とつい言葉に出してしまいました。

残念ながら、元彼の所に行ったのは事実ですがお互い恋愛感情はなく、彼についての相談に行っただけだったのですが、彼からすると「元彼の所にいたんだ?わかった、別れよう」と言われてしまいました。

予想外の彼の反応に私も動揺してしまい、浅はかな考えでありましたが、彼の気を引く為に刃物を持ち出し自傷を仄めかしてしまいました。

翌日、彼は心配していたようで「今日は早く帰宅するから」と、会社に行き、昼過ぎには帰宅して来るのですが、私はもっと心配して欲しいと言う欲求に駆られ、パジャマのまま浴槽に浸かり彼の帰宅を待つ事を考え実行しましたが、それを見た彼は酷く動揺した様子でした。

その時は彼はとても優しく接してくれたのですが「君が怖い。もう無理、別れたい」と泣かれてしまいました。

翌日、少しでも仲直り出来たらと思って料理を作って待っていて、会社から帰った彼とご飯を食べた後、「別れるつもりでいるから一人でゆっくりさせて欲しい」と言われ私は自分の自宅に帰りました。

翌日彼からは連絡がなく、私は夜に電話をすると出てくれましたが「家にも来ないで」と突き放されました。

彼の事が心配になって、自宅に行ったところ家には戻って来ず、連絡をしましたが音信不通です。

翌朝、彼からLINEがあり「昨日は実家に帰りました。何度も家に来ないでと言ったのに来たんだね。もう無理」と一方的に言われてしまいました。

どうにか私の思いを伝えたいと思って、反省の手紙を書き、それを渡す為に、彼の会社の前で仕事を終わる彼を待ってしまいました。

しかし、私の存在に気付いた彼は、裏口から帰社したようでした。

私は、気が付かず帰ってしまったのかな?と思い、その足で彼の実家まで行ってしまいました。

連絡しても繋がらなかったので、家に行くと母親が出てきて「うちは夜は誰も入れません!お帰り下さい!」と言われ、どうにかお話だけでもと懇願し続けた後、父親が出てきて「息子はいないよ。居たら出すけど」と言われ、私も諦めて帰りました。

帰りの途中でようやく彼のラインが既読になり、すぐに電話をすると、知らない人が出ました。

電話に出たのは警察の方でした。

彼は警察に通報した様で、私は近くの警察署に来てくれと言われました。

事情聴取され、私もこれまでの経緯を話しましたが、彼の別れたい気持ちに応じざるを得ない最悪の状況になってしまい、もう二度と会いに行かない、連絡しない、アプローチしない事を約束する書面を書かされ、接近禁止という形となり完全に別れました。

最後に彼と数分話す機会を作ってもらいましたが、彼は怒っており「もう二度と関わりたくない。俺にも家族にも危害を加えないでくれ!」と、それが彼の最後の言葉でした。

この様な、最悪の状況ですが………もう望みはないでしょうか………。

彼の性分から言うと、完全に別れたので、既に親しい友人には恐らくこの事態を話しており、私は最悪の彼女だと周りにも位置付けされていると思います。

更に、彼はすごく体裁や世間体、親の意見を気にする方なので、そんな私との復縁の望みはないのかな…と悩んでおります…。

ちなみに、警察沙汰になったのは初めてですが、その手前(別れ話から私が自傷をほのめかし彼は恐怖と嫌気がさした)は過去に一度だけあり…最悪の状態だったのですが、1週間後に仲直りした経緯がありその時彼は周囲の人に相談する事もなく、私と彼との間の事で、「もう二度目はない」という事を約束にし、仲直りしました。

現在彼は、10年近く住んだ自宅を離れ、引越しを本気で考えているようです。

当然ですが、私との連絡手段は全て遮断し、SNS関連も全てブロックされています。

お互い結婚を意識し9ヶ月間お付き合いしていた彼と、完全に別れた形となりますが、最終目標は復縁をしたいというご相談です。

※プライバシーに配慮して一部改変を加えています。

相談者の女性のとった一連の言動をどう思います?

彼が食事にケチを付けた事で感情的になって家を飛び出し、元彼の家に相談!?

家に戻って来ると心配せずにのんびりしている彼の態度に腹を立て別れ話!?

彼の気を引けるかなと浅はかな考えで刃物を持ち出し自傷を仄めかす!?

彼に心配して欲しい欲求に駆られ、パジャマのまま浴槽に浸かり彼の帰宅を待つ!?

『君が怖い。もう無理、別れたい』

無理もありません。誰だってこんな人と一緒にいたいと思うはずがありませんから。

その後も

「家にも来ないで」と突き放されたにもかかわらず、彼の事が心配で自宅に行った!?

反省の手紙を書いて手紙を渡す為に、彼の会社の前で待ち伏せ!?

彼と会えないから実家まで行って両親に懇願し続けた!?

彼が、怖い、別れたい、無理、家にも来て欲しくない、に対して、相談者の女性は、彼の切実な思いとは異なり全く真逆の”狂人”と言っても過言ではないくらいの言動をとるわけです。

恐ろしいのが、相談者の女性が、この状況からの『復縁』を望んでいることです・・・。

おわかり頂けると思いますが、この状況から何が出来ると言うのでしょう?

『自分を見て欲しい』『自分の気持ちを伝えたい』だけの一方的な歪んだ感情によって、夕飯にケチをつけられたという小さな出来事から、警察沙汰まで発展し、最終的に彼を失っていった異常な女性の末路です。

「全く依頼者の気持ちをわかってないじゃないですか!!」と逆切れ
相談者だけではなく、依頼者の方にも、冷静でいられない人っているんです、 中々、調査が思うようにいかない不満を依頼した会社にぶつける人がいます。 客観的に物事をみつめる事が出来ないとこういう結果になるといういい例です。