LINEをブロックされるという事は・・・

復縁工作を成功させると笑顔を取り戻せます復縁相談

復縁のご相談は(株)ジースタイル
最近では、別れ話を話し合いではなく、LINEだけで一方的に関係を終わらせようとする人達が多くなっていて、復縁屋ジースタイルに別れた相手から、LINEを未読無視されている、既読無視されている、最終的には、『LINEのブロック』をされてしまったという、相談って非常に多くあります。

LINEの、未読でのLINEの未読無視と、既読はされているがその後返信をしない既読無視、ブロックの違いはあるんでしょうか?

既読無視、未読無視、ブロック、いずれも関連していること、共通点があり、相手の拒否反応であるという表れである事がわかります。

未読無視のケースですと、元彼(元カノ)が別れ話を避けたいが為、未読スルーで放置なら別れたいと伝わるはず・・・既読にする事でまだ可能性があると思われたくない?等と、LINE未読無視を続けるわけで、相手の気持には答えてあげられないという意思表示で、もうその相手とは『会話をする意思が無い』ことが返事もせず放置の理由です。

未読スルーされている状態で、自分の感情をねちっこく送ったり、つまり既読のまま返事がない、未読のままの状態で何通も追加送信することが原因で、最終的にLINEのブロックをされ、相手からは拒否の意思表示をされてしまうことになります。

既読無視の場合は、相手からの別れ話への、追い縋り、引き留めたい話しを聞かされる事が煩わしい、期待に応えられない、面倒、もう関りたくないと決断し、無言によって、自分の意思を示している行動です。

きちんと話し合うべきで、それはずるい!とお考えの方もいるんでしょうが、これが現実です。

そして、最悪LINEのブロックに至るという事は、今後、この人とは『友達としての関係すら必要ない相手』という意思表示でしかありません。

付き合っている時は、すぐに返事が来ていたのに、別れ話になった途端、既読はされるものの返事が返ってこない、返事がない為、再度ラインを送信してしまう、すると今度は既読にもならず未読無視、未読無視だと思っていたら、なんと、ブロックされていた。という流れでLINEブロックに至るという経緯を辿る人達は多いんです。

別れ話を伝えてから、既読無視でスルーできる、未読スルーは察してもう諦めて欲しい意思表示であって、話しを聞かない、返す言葉もない、伝えたい事は全て伝えたという意味だと、認識する必要があるんではないでしょうか。

復縁屋ジースタイルにも、浮気相手、不倫相手からLINEをブロックされてしまったというご相談を頂く事がありますが、相手はもうあなたとの関係を終わらせたいという意思を示しています。

相手が故意に、未読状態にしているのであれば、自らができることは何もありません。

ただし弊社の復縁工作のサポートにより、LINEのブロック解除及び、関係修復されている方もいらっしゃいます。

このように、LINEの連絡も取れなくなった相手ともう一度連絡を取れるようになりたい、関係修復を望まれるのであれば、一度復縁屋ジースタイルへご相談くだされば解決の為のご提案をさせて頂きます。

一方的に好意を寄せている彼にLINEで「死ねよ!」と送ってしまう女
暴言を吐く人は男女問わずいらっしゃいます。 喧嘩でついつい言葉にしてしまう事はあるのでしょうが、自分の感情のまま相手に対し、「死ね!」と言える無神経な女性もいるのです。

コメント