本当に何を言っているのかわからない為、聞きなおすと逆切れする相談者

ストーカー

「ネットで調べて電話したんですが…復讐みたいなことやってますか?」

深夜に相談窓口に1本の電話が掛かってきました。

復讐とは穏やかではないですよね?何があったんでしょう?

まずはお話を伺うことにします。

しかし、まぁ早口過ぎるのと、声がこもっているのか?で何を言っているのかがごにょごにょ聞こえてしまって相談内容が把握しずらくて困ります。

「あのですね、私の部屋にですね、%△#?%◎&@□!。それとやね、あと、バイクのマフラーを壊されたり◎&@□!%△#?ですわ、%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!、私の住んでいるマンションには防犯カメラがないので誰だかわからないんですわな。」

『すいません、聞き取れないのでもう一度お話してもらえないですか?もう少しゆっくり話ししてもらうことできますか?…』

仕方がありません。

早口なうえ聞き取れないのですから、相談者の話を理解する為には心苦しいですが聞き直すしかありませんよね?

「私の部屋にですね、空き巣が入られたんですよ。あと、バイクのマフラーを壊されたり、%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!」

空き巣に入られた事と、バイクのマフラーを壊されたという事は理解できました。

空き巣に入られ、バイクを壊されたのであれば、それは立派な犯罪ですからね。警察に通報するべきですよね?

と、相談者にと質問しました。

「警察には話ししました。でも%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!なんですわ。」

また聞き取る事が出来なくなってきました…。

警察には話したようです。通報したのであれば、きちんと捜査してくれたのでは?と聞き返すと、

警察に言ったんだけども何もしてくれなかった?みたいな返答。

空き巣に入られ、バイクを壊されそれを警察に通報したならば捜査しないわけわけないんですがね…

何か話が不自然でしかありません。

再度尋ねてみました。

「あっ、弁護士さんですよ。%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?弁護士に相談したんですわ!」

警察ではなく弁護士?

なぜ弁護士?何を弁護してもらう事があるのか?

『弁護士さんと話しても犯人わかりませんよね?何故弁護士さんなんですか?犯人は誰だかわかっているんですか?』

すると、犯人は隣に住む住人だといいます。

最初に、防犯カメラがないから誰だかわからないと言っていたはずですが忘れているんでしょうかね?

ますます、この相談者の言っている事の信憑性が疑われます。

犯人がわかっているんであれば、警察に逮捕してもらえばいいはずなんですがね?

「隣の住人が、%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!私の周りの人に色んな事を吹き込むんです%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!%△#?%◎&@□!」

今度は違う話になってきているようです。話が変わっています。

話している途中で遮ってしまうのはしのびありませんが、聞きなおすしかありませんから、再度聞きなおしたところ、

「なんじゃぁわれー!おちょくってんのか!?何度も話しとるやないかい!!同じ話を何回させるんじゃい!!何の為にネットで調べて相談してると思ってるんや!!」

逆切れしてきましたが、罵声に関してはよーく聞き取れ理解できたんですよ。

感情的になると滑舌良くわかりやすくなるものなんでしょうかね?不思議です。

最初からわかるように説明してもらえれば、こんな事にはならなかったんですけどね。

幾らなんでも、滑舌の悪さを棚にあげく逆切れされ罵声浴びせられる謂れはありませんよね?

ただし、感情的になるのもそれもまた大人げありませんし、平常心で相談者に丁寧に説明するわけです。

「◎&@□!%△#?%◎&@□!◎&@□!%△#?%◎&@□!」

ちょっとよくわかりませんが…。

何とか相談者も落ち着き理解してもらったようで、後日もう一度連絡をもらう事にいたしました。

それにしても、このわけのわからない相談はなんなのでしょう?

復讐と仰ってましたが、一体弊社に何の目的で電話してきたんでしょうかね。

とりあえず、この男性からの電話を待つこととしましょう。

「彼はまだ私の事を好きです!」と、自信あるのはいいのですが…
何らかの事情があって泣く泣く好きな人と別れなければいけない人はいます。 お互い好きで別れたというのはこういう事をいうのでしょうが、勝手に振られた相手が自分の事を好きでいてくれていると勘違いしている人がいます。 相手が好きなのではなく、自分が相手の事を諦められないという事です。
元彼に精神的な苦痛を与えたい!と言われても依頼はお請けできません
彼がいなくなると辛いですし不安です…。と言っていた復縁相談者が、時を経て再度相談がきたのですが、今度の相談内容は真逆で、「懲らしめたい」という恨み節に変わっていました。 あれだけ愛していた彼と何があったのでしょう? 相談者の恨みを晴らす為の協力できる内容のサポートはさせて頂きますが、相手の身体に関して問題が生じるようであればお手伝いは出来ません。
感情剥き出しで自分の主張、強要してくる狂った依頼者
依頼者⇒お客様と勘違いして、調査に対して無理な要求をしてきて受け入れないと発狂する依頼者がいます。 調査は慎重に行わなければなりません。何故ならば、この後の工作に影響が出てくるからで、対象者に不信感や警戒感を与えてしまっては元も子もないのです。この依頼者は対象者に完全に嫌われてしまっている人物です。周りがみえなくなっているんでしょう。
町ぐるみでの集団ストーカーに遭っているという被害者?
弊社には、復縁・別れ相談以外にも、このような相談もあるんです。 弊社でのストーカー相談といえば、おなじみの”別れた相手からのストーカー”です。 昨年の年末の話ではありますが、嘘か真か?本気か否か?はわかりませんが、『町ぐるみでい...
復縁屋について
復縁屋って一体何をするの?復縁屋って何をしてくれるの?といった復縁屋について参考にして頂くページになります。(株)ジースタイルは復縁屋として復縁の悩みを抱えている方々をサポートしています。